CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
WELCOME
PROFILE

ショノスケ

夏に北欧から帰国、価値観ががらりと変わり、それだからいろんな問題にぶちあたる毎日。只今職探し中…。セッションしたい!音楽やりたい!

趣味:jamjam


say hello to me =) mamascent@hotmail.com
BLOG RANKIN'
LOGLOG
ログログシール
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

life (ショウノスケ編)

<< ヒステリックな声をあげて。 | main | コーヒーを飲みながら聴きたい >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
レナートのスウェーデン語講座1



今日は授業のあとで雷納徳とfikaをした

fikaってのは日本でいう「お茶」みたいなね スウェーデンのすばらしい習慣

それまでの時間にはmsnを使いながら雷納徳の作文の手伝いをしてた

お題は「志望動機文」

日本語は難しい 自分がnativeのせいかどうも感覚で使いわけてる表現と表現の境目 それを外国語として勉強している雷納徳に説明するのは大変 日本語とへっぽこな英語で説明 雷納徳は疑問があるとがんがん「なんで?それだとちっがうじゃん」って聞いてくるから、ものすごく日本語と距離をとって考えられる なるほど

そしてどうにか完成
でもさ、1000文字程度って言われた作文を500文字強で提出してしまうのは「なし」だとおもうよ?w


そしてcentral bus stopで待ち合わせ 雷納徳は隣町Malmöに住んでるからLundにくるまで時間がかかる

無事合流をして適当にカフェを探す 

カフェでチーズケーキとコーヒーを食べて飲んだ


ここで雷納徳のスウェーデン語講座が臨時開講 -カフェ編-
おかわりするときの表現とかを教えてもらった
早速実践

「うんうん、わかるわ、おかわりがほしいのね。おかわりはもちろんさっきのお代に含まれてるわよ。スウェーデン語がんばってね」と北欧スマイルをもらう


そして150分ほどはなして、寒くなったので退散

歩きながら翻訳のはなしとかしてた

「スウェーデン語に翻訳された村上春樹の本とかないの?」
「もちろんあるよ。僕は村上春樹の本を翻訳したスウェーデン人の女性にあったことがある」
「ほえー。それすっごいことなんじゃん?でもさ、本屋には英語のばっかおいてあったよ?」
「じゃあいまから探そう」


というわけで本屋にゴー

で、あったのよ『海辺のカフカ』だけだったけど ハードカヴァーで400クローナってやばくない? 日本円で6000円超えだよ

おー、なんてお高いんでございましょう

スウェーデンではハードカヴァーは発売されてから1年くらいすると絶版になっちゃうんだってさ それから1年後くらいにポケットサイズでまた発売されるんだけど でも、揃いのいい本屋さんを見つけるのはむずかしいんだって 今買っても読めないけど、いつか読んでみたいな いろいろな言語をやる楽しみはここにある

そして雷納徳の大好きな作家のはなししたり、ドストエフスキイのスウェーデン語翻訳をみつけて阿呆みたいにげらげら笑ったり
スウェーデン語で書かれてるタイ語とか中国語のテキストみながらまたまたげらげら

そして雷納徳老師のひとこと
「しょうのすけがさスウェーデン語勉強するなら、こっちのがいいんじゃん」

向かった先には6〜9årと書かれたコーナー

お分かりのとおり6〜9歳向けのコーナーね

まぁ、それでもさ、結構厚い本が多くてさっぱりだったんだけど


そしてアートのコーナーとかみながらぶらぶら、たぶん120分くらいいた

本屋でぶらぶらするのは好き 内装も気になるし、置いてある本の種類とか量とか もちろん本自体だったら装丁、フォント、紙質とか きもちわるいくらい本屋で楽しめる
寝っころがっていいならもっといれる


でもさすがに足が疲れたから2人で空いた腹になにかいれるために近くのバーガー屋へ

雷納徳にスウェーデン語でどう頼むのかをきいてすぐ実行

「うんうん、わかるよ。ハンブリエルがほっしいんだね?90グラムでいいのかい?ひとつ?飲み物は?20クローナだよ。はいはいまたね」

すこしでも自然なニュアンスにしたいから雷納徳にニュアンスの違いとかを質問したり


そしてもぐもぐむしゃむしゃしながら、会話で役にたちそうな表現を教えてもらう
財布にたまってるレシートにすかさずメモメモ


そしてすっかり夜になって寒いのもつらくなってきたから雷納徳の乗るバスがとまる駅へ

そこで雷納徳の友達2人とはじめまして

で、ちょっと前に教えてもらってた自己紹介を使う

「うんうん、そうなんだ。日本からきた留学生なんだねー。へぇ、神奈川県ってとこに住んでたんだね。そんなに小さな町だったんだ。Lundが都会に見えるだって?w そりゃあすごい、ようこそスウェーデンへ」

2人ともこのつたないスウェーデン語に耳を傾けてくれました


バスがきて、3人にhej då

帰り道は寒かった だから走った メモしたレシートをにぎりしめて ぶつぶつ言いながら もうギュンギュン


そういえば、雷納徳はこのblogの中で登場頻度の高いレナートの名前を中国語にしたもの
thunder involving virtueってさ、なんか荘厳じゃない? かっこよすぎw



今日のレナートメモ
「おかわりはお代にふくまれてますかね?」 ingår påtår?
「おかわりください」 påtår, tack
「これいくら?」 vad blir det?
「お代はおいくらでしょう?」 hur mycket koster det?
「日本からの留学生です」 jag är utbytesstudent från japan
「あえてうっれしいです」 trevligt att träffas
「それどういう意味?」 vad betyder det?
「日本語でなに?」 vad heter det på japansk
「ゆっくりしゃべれ」 prata löngsamt
「少しゆっくりしゃべってください」 kan du prata lite löngsammare?
「ばかやろう」 あれ?忘れちゃった

| レナートの講座 | 06:52 | comments(1) | - | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 06:52 | - | - | pookmark |
はじめ日本人だと思った雷納徳さん。
その後、中国人だったのかと反省。
最後にどんでん返しでこらーー
(´゚ω゚):;*.':;ブッ
| aruku | 2006/10/16 10:39 PM |