CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
WELCOME
PROFILE

ショノスケ

夏に北欧から帰国、価値観ががらりと変わり、それだからいろんな問題にぶちあたる毎日。只今職探し中…。セッションしたい!音楽やりたい!

趣味:jamjam


say hello to me =) mamascent@hotmail.com
BLOG RANKIN'
LOGLOG
ログログシール
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

life (ショウノスケ編)

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
母親
日付が変わる前になんとか書いておきたかったので特に推敲もせず書く。まあとっくに日付変わってるわけですが。


 人にとって母親とは生まれてきた処という意味で最も近い場所であったことがあり、生まれてきてからは他の人と比べて相対的に最も遠くなっていく存在のような気がした。 


 今日、10月1日に母親が本をだした。ひと昔前に流行ったblog本というやつなのかな。 母親はいつからかは忘れたけど「スピリチュアル」、「オーラ」、「ヒーリング」、そういった類いの言葉がでてくるものが好きで、実家にはその手の本がごろごろしていたり。 僕自身は全く興味がまだ(?)向かない分野のことなのでいつも話半分にきいてはいますが。 

 普段は離れて生活しているので、今回この本がでるまでの経緯については詳しくは知らないし、発端についてもちょいと実家に帰ったときに話をきいたくらいでした。 内容もゲラをちらっと見たくらいでどんなことが書いてあるのか全く知らなかったので、まあ「ので」ってわけでもないんだけど、書店で購入しました。
 ページ数は200ページにも満たない量で、また小説と違ってぱっぱっと読めるので帰りの電車で読了してしまった。


 これは中々経験できないことなんだろうと思ったのは、文中でにでてくる「息子」=僕であり、その僕はフィクションでもなく実際ここにいて、っていうまあなんでしょうね、不思議な感じですね。


 内容について触れる。 基本的に母親が毎日書いてるというblogの記事を編集したものなのでひとつひとつが短い。

 記事のジャンルは大きくわければ3つ、「スピリチュアル」とかそういった類いのもの、家族についてのこと、母親自身の過去の話。

 「スピリチュアル」とかそういうジャンルの記事は、まあぶっとんでて正直わからん。また何いってんだかと若干恥ずかしさを感じながら読んだ。

 家族についてのことは、母親といっても他人、自分ではないからそういう風に思っていたんだなーと思うところもあったり、これはまあ家族だから思うことか。 ただ本の中にでてくる「カエルの王様」の絵本が自分の記憶の中はっきりと残っていたり、小さいころにもらったサンタクロースからの手紙のことや妹の誕生日プレゼントの地球儀のことも、あのとき自分がどう思ったか、すごくありありと再生された。
 全く泣くような内容ではないんだけど、あれ?と思いつつも鼻水すすった。(注:読んでいたのは電車内) そして最後は母親自身の過去の話。まあこのジャンルのほとんどは聞いたことない話だったので素直に面白かった。

 身内だから楽しめた部分ももちろん結構あるけど、スピリチュアル云々に全く興味を持ってない人でも僕を知ってる人ならまあ楽しめるのかなあと、いちおう宣伝しないとね。 


 
| | 02:53 | comments(0) | - | pookmark |
Mores
 Mores読了。

北欧にはヴァンパイアがよく似合う。
| | 23:38 | comments(0) | - | pookmark |
Kafka på stranden
途中で挫折するかもしれないといつものように危惧してますが、今日買ったのは瑞典語の本でした。


スウェ語の授業も終わってしまい、by myselfでやっていくのはきっと難しいので、まぁ一歩先に進む願いをこめて。帰国までに読みきればいいやと。とっつきやすそうな本だし、思わず原作amazonで買っちゃったし。しかし本高いなぁ。360クローナって日本からしたら法外よ。



そういえば、この本の原作を読んだのは去年の春にVietnumいったとき。38時間くらい電車乗ってたときに読んでたなぁ。同じコンパートメントに日本人乗ってきたのに、無言のまま10数時間を過ごしたり。いっさい交流がなかったです。スモッグに涙して、生フォーに腹下して、帰国前日だかにバイクタクシーの運転手と料金のことでもめまくったり、美人のおねぇさんに「お兄さん、遊んでいかない?」と言われたり。moneyというひとつの単語しかしらない花売りの少年だか少女だかもわかんないくらいの小さな子に1ドルせがまれたり。さとふみのギターに毎日頭悩まされたり。トイレつまらせたり。毎日25キロくらい歩いて、意地でもバイクタクシーなんかつかわねぇって、「地球の歩き方」に載ってるHanoi,Hue, Hochiminの寺ほぼすべて制覇したり。Hueまで乗る予定の電車が前日脱線して、大量の死者だして、ニュースですごいことになってたり。無事で何より、しかし駅で8時間くらい待ったけど。駅のトイレの前に座ってるばーさんにmoney!!ってトイレ代大声で請求されたり。そこは芸能人のオーラが漂うベトナム人のナイスガイに助けてもらったり。郵便局ののりが乾燥してものすごくかぴかぴになってて便箋とじるのに困ったり。香港に着いたら飛行機いっちゃってて、香港のホテルに泊まることになったり。サトフミがギターを機内持ち込みしようとして、香港人の女の人にマジギレされてたり。



僕にとって「海辺のカフカ」はそんなことを思い出させてくれる本です。




で、話は戻り、同じようにスウェ語を使う機会を増やそうということで、最近msnで少しずつ瑞典語を使っています。講師は、日本でホストになる予定のOlle。いい先生ですよ。


明日なにかしなきゃいけないことがあったと思ったんだけど、思い出せない。いつものことなんだけど。壊れてから1ヶ月近く経つ気がするんだけど、はやくカメラ直さないと…。オーロラみれても写真とれませんでした、ってなんか悲しすぎ。



日本からはるか彼方にいるわけですが、のだめのドラマと連載再開のGANTZはチェックしてるっていう。やっぱり日本はすごいです、ドラマも漫画も。フランスのでっかいアニメフェスに行ってみたい。別にアニメ見ないんだけど、あの囁くようにしゃべる国民たちがどんなもの作るのかってのを知りたい。日本に次ぐアニメマーケットだものね。




そういえば最近linkを追加しました。

同期で米国に留学してる小暮さんのblog
みしがん通信〜遠い国から〜

今は日本に一時帰国してるらしい。1月からはフィラデルフィアに場所を移してインターンだそうな。インターンが含まれてるとかすごい留学プログラムだよね。


去年Lundに留学してたマリさんのblog
マリのばたあし日記

学年は同じだけど留学時期はかぶっていない。近いようで遠い、でもつながるってのが留学はおもしろい。


青い目をした日本人、いや、スウェーデン人Rasmusのblog
Tokyo texture

去年はSILsに留学してたらしい。知らなかった。「すごく」という形容詞が陳腐に聞こえてしまうくらいものすごく日本語が達者です。あそこまでいくと日本語がどういう風に聞こえているのかが不思議。外国語の壁を破ってる。すごすぎるよ。




あぁ、おもち食べたい。みんな切り餅たくさん送ってください。かびちゃうから飛行機でw
| | 06:09 | comments(6) | - | pookmark |